半世紀の歴史が刻まれた館内。黙々と机に向かう人々を、古風なランプが優しく照らす
[PR]

「まだまだ勝手に関西遺産」

 試験前日に慌てて英語の例文をたたき込む。大学入試の過去問題集を枕にぐっすり。真っ白なエントリーシートを前に、手に取った漫画を気がつけば全巻読破……。夢と焦りとただならぬ眠気に支配されていたあの頃、ここは私の自習室だった。

拡大する写真・図版京都・銀閣寺道で開館48年目を迎える私設図書館。会話は厳禁で、静寂に包まれている=2020年8月11日、京都市左京区、槌谷綾二撮影

 京都・銀閣寺近くで開館48年目を迎える「私設図書館」。築90年を超える木造民家を改装した2階建てはジブリ映画と見まごうばかりの和洋折衷、そこかしこに古風なランプがぼんやりともる。閲覧室の天井近くには作り付けの本棚が並び、空間の大半を占めるのはガラス板で仕切られた机と椅子。紙やペンの音だけが響く静寂の中、老若男女がノートやパソコン、参考書に向き合う。コーヒーか紅茶1杯が付いて2時間260円の座席指定制は、ネットカフェのようでもある。

 「本を読みながら生活の糧が得られる仕事はないかな、と」。館主の田中厚生(あつお)さん(72)は私設図書館を始めた動機をそう回想する。京大在学中は、学生運動を横目に熱気球の飛行計画に熱中。卒業直後に結婚したものの会社勤めをする気は起きず、アルバイトなどでしのいでいた時、妻の祖母が使っていた空き店舗を借り受けることに。深夜まで読書や自習のできる小さな空間のイメージと、図書館法の分類にはない「私設図書館」というシンプルな言葉が浮かんだ。

 大学の多い土地柄、客層の中心…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら