[PR]

 新型コロナウイルスの感染が拡大している地域の保健所の人員不足に対応するため、加藤勝信厚生労働相は17日、全国から保健師を派遣する仕組みを始めることを明らかにした。濃厚接触者の追跡など多くの業務を担う保健師の確保は感染拡大を防ぐために欠かせないためだ。近く感染者が急増している沖縄県に派遣する。

 加藤厚労相は沖縄について、「保健所の業務も大変逼迫(ひっぱく)している」と述べたうえで、保健所で必要な人数や業務を把握し、保健師を派遣する方針を示した。看護師についても全国知事会と連携して50人程度を派遣する考えを示した。

 橋本岳・厚労副大臣も16日、視察先の沖縄県で玉城デニー知事と会談後、保健師などの派遣の意向を語り、「できるだけ早く(派遣したい)。規模はおそらく何十人、もしかしたら100人を超えるかどうか」と述べていた。

 沖縄県によると、10万人当た…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。