[PR]

 風船爆弾と気象――。こんなテーマで気象予報士が福島県いわき市で講演すると聞き、7月下旬に会場に足を運んだ。

 風船爆弾は、米国本土を直接攻撃しようと無人の気球に焼夷(しょうい)弾を搭載した兵器。太平洋戦争で旧陸軍が研究・製造したが、大きな成果はないという程度の認識だった。

 演壇に上がったのは、梛良(なぎら)幸広さん(60)。いわき市教育文化事業団の職員として市民の史跡巡りで、拠点の一つ、勿来基地跡を調査したことがあった。予報士の資格は山好きが高じたという。

 講演では、①気球が米国まで届…

この記事は有料会員記事です。残り1196文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り1196文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り1196文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
関連ニュース