[PR]

 あの戦争をどう記憶していくか。戦後75年を経て切迫感を増す難題に、マンガという表現方法で挑む人たちがいる。戦争を知らない世代の表現者たちから読者たちへ――。今の社会が感じる「戦争のリアル」を模索するなかで見えてきた、戦争との向き合い方とは。

僕の絵柄だからこそ、描けた 武田一義さん(マンガ家)

 僕の描くキャラは3頭身で、かわいい絵柄です。戦争を描くからもっとリアルにしよう、とは思いませんでした。自分のような絵柄はむしろ強みになるはずだと、最初から思っていたんです。

 戦争だから、残酷な部分も描かなくてはいけない。戦場で、ついさっきまで生きていた仲間が砲弾を受けて、一瞬で身体がバラバラになったり、日米両軍の兵士が互いに敵兵の死体を損壊したりする描写もあります。それをリアルに描いてしまうと、読むほうがつらくなる。僕のような絵柄だからこそ、描けたという部分はあると思います。

拡大する写真・図版「ペリリュー 楽園のゲルニカ」(C)武田一義/白泉社

 ペリリューの戦いを描こうと思…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら