拡大する写真・図版コロナショック変容する経済#2

[PR]

 東京・六本木の豚しゃぶ店「豚組しゃぶ庵」が、10月末で閉まる。創業から13年。「勝利の方程式が、コロナ禍で悪手に変わってしまった」と、オーナーの中村仁さん(50)は話す。

 IT企業が集まる一等地に100席の大きな店を構え、宴会にも向く鍋料理を扱ってきた。

拡大する写真・図版10月末に閉店することが決まった「豚組しゃぶ庵」。外食産業は苦境に立たされている=2020年8月7日午後、東京・六本木、益田暢子撮影

 しかし、鍋をつつく宴会は、感染を避けようとする人にはハードルが高い。テレワークの定着で街に人出が戻る見通しは立たず、高い賃料がのしかかる。

 店を休んだ4~5月、具材やだしをまとめた「鍋セット」を2人前4千円で宅配した。多い日だと1日に100セット。自宅で鍋を囲んだ客が、その様子をSNSに投稿してくれた。

 「写真を見て、つながっている気持ちになった」と中村さん。リアル店を閉める一方、ネット通販へかじを切る。

拡大する写真・図版オンラインで取材に応じる「豚組しゃぶ庵」のオーナー、中村仁さん。飲食店向け予約システムを開発・販売するトレタの代表でもある

 危機にある外食産業は、裾野が…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら