[PR]

(17日、甲子園交流試合 山梨学院8-3白樺学園)

 白樺学園は九回2死一、二塁、あと1アウトで試合終了の場面。宮浦柚基選手(3年)は笑顔で打席に入った。八回に自身のミスから2失点しただけに「ここで取り返す」と硬くなっていたが、エースの片山楽生投手(同)から「お前で終わるなら、俺は大丈夫だ」と声をかけられ、少し緊張が和らいだ。ファウルで粘った7球目、内角高めの直球を振り抜き左前への適時打。最後の意地を見せた。

 一回も2死から二塁打。「初回から積極的に」という戸出直樹監督の指示通り初球を振り抜くと、後の打者も続き先取点。チームに勢いをもたらした。

 今の3年生は入学直後は目立った選手がおらず、周りから「はざまの世代」と呼ばれてきた。宮浦選手ら同級生は「見返してやる」と努力を積み重ね、新チームになった昨年秋の道大会で優勝。その後に選抜と夏の甲子園が中止になる難しい年だったが、副主将に就いた宮浦選手は、時には業天汰成主将(同)も叱咤(しった)しながらチームの引き締め役を担ってきた。

 ようやくたどり着いた甲子園の地。宮浦選手は「憧れの舞台でプレーできて幸せでした」。ただ、「エラーが出たので大学では守備をもっと磨きたい」と反省も忘れない。甲子園の光景を胸に刻み、次のステージへと進んでいく。(前田健汰)