拡大する写真・図版立会人の中田功八段(右)に封じ手の入った封筒を手渡す藤井聡太棋聖(左)。中央は木村一基王位(2020年8月19日、福岡市中央区の大濠公園能楽堂、日本将棋連盟提供)

[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太棋聖(18)が木村一基王位(47)に挑戦する第61期王位戦七番勝負(新聞三社連合主催)の第4局が19日、福岡市中央区の大濠公園能楽堂で始まった。ここまで藤井棋聖の3連勝。第4局も勝てば、史上最年少での二冠と八段昇段を果たす。木村王位は初防衛に向けて踏みとどまれるか。

【動画リスト】 藤井聡太七段 名人への道
藤井聡太棋聖の活躍をお伝えした動画(約200本)をご覧頂けます

 対局は2日制で、19日夕に封…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら