拡大する写真・図版剣ケ峰山の頂上に立つ「2020m」と書かれた標柱=群馬県、伊藤進之介撮影

[PR]

 群馬県のある山の頂上に「二〇二〇m」の標柱が立つ。山の姿はいつもと変わらずとも、2020年に訪れる人は何を思うか。

拡大する写真・図版上州武尊山方面から望む剣ケ峰山。山頂まではなだらかな稜線が続く=群馬県、伊藤進之介撮影

 2020年。新型コロナウイルスに様々な価値観を変えられた年だが、「今年の山」は変わらずそこにある。標高2020メートルの剣ケ峰山(群馬県)だ。

拡大する写真・図版上州武尊山の山頂付近から望む剣ケ峰山(中央左)。背後に山々が延々と続く=群馬県、伊藤進之介撮影

 登山口から山頂まで4時間近く歩く。午前5時、同県みなかみ町の武尊(ほたか)神社から沢沿いの道を歩き始めた。カエルが時折、顔をのぞかせる。木の根が階段状になった急斜面が現れ、鎖に頼って垂直に近い大岩を登ることも。鳥の声の中、高度を稼ぐのは爽快だ。

拡大する写真・図版剣ケ峰山や上州武尊山への登山口=群馬県、伊藤進之介撮影

 日本百名山の上州武尊山(2158メートル)のピークを踏むと、剣ケ峰山がピラミッドのようにそびえる。なだらかな稜線(りょうせん)歩きを経てたどり着いた山頂には、「二〇二〇m」の標柱が立つ。

拡大する写真・図版上州武尊山の山頂の花と剣ケ峰山(奥)=群馬県、伊藤進之介撮影

 標柱の数字は、長年の風雨で薄れていた。それでも、さいたま市から訪れた会社員山崎晴雄さん(41)は「良い記念になりますね」。長男の遼太郎君(9)と笑顔で写真に納まった。

拡大する写真・図版剣ケ峰山の近くの上州武尊山の山頂付近に咲く花=群馬県、伊藤進之介撮影

 17年には2017メートルの百名山・雲取山(東京都)が人気を集め、「今年の山」という考え方が注目された。全国に2020メートルの山は幾つかあるが、剣ケ峰山はしっかりとした登山道があり、百名山もセットで登れる。

記事後半では、地元で人気のグルメスポット紹介や会員限定のプレゼントもあります。

拡大する写真・図版上州武尊山側から望む剣ケ峰山=群馬県、伊藤進之介撮影

 川場スキー場のリフトが使える…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら