[PR]

 想定外の大雨が頻発し、全国のダムで「緊急放流」が相次いでいる。甚大な被害が出た一昨年夏の西日本豪雨や、昨年秋の台風19号では、緊急放流中に必要以上の水を下流に流す「過放流」があった可能性が出ている。現場の担当者らは「ダムへの流入量の計算が正確ではなかったのでは」と話す。

 「流入量と放流量は一定になっているはずだが、実際は水位が下がってしまう。1割くらいは多く流しているかもしれない」。福島県の高柴ダムを管理する事務所の幹部は振り返る。

 2018年7月の西日本豪雨で…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら