[PR]

 JR西日本米子支社は18日、鳥取県米子市の後藤総合車両所で実施している豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風(みずかぜ)」の要部検査(定期検査)を報道陣に公開した。9月ごろには終わる予定で、新型コロナウイルスの感染防止策の空気清浄機なども導入した。しかし、2月末から運休している運行日は決まっておらず、9月上旬ごろに発表される予定だ。

 要部検査は、48カ月または50万キロ走行ごとにするもの。動力、走行、ブレーキなどの重要な装置の主要部分を取り外し、解体して検査する。瑞風は2017年6月の運行開始だが、10車両の完成は16年9月と12月のため、この時期になった。後藤総合車両所での検査は初めてなので、車両品質の維持・向上のために、約3年間、準備を進めてきた。

 瑞風は7月3日に大阪市淀川区の網干総合車両所宮原支所から、後藤総合車両所出雲支所に回送され、同7~8日に後藤総合車両所に回送されて検査修繕がされてきた。

 18日に公開されたのは、塗装…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら

関連ニュース