[PR]

 将棋の高校生棋士、藤井聡太棋聖(18)が、木村一基王位(47)に挑戦している第61期王位戦七番勝負(新聞三社連合主催)の第4局が19日から、福岡市中央区で始まる。対戦成績がここまで3勝0敗の藤井棋聖が4連勝で一気に二つ目のタイトルを奪取するか、木村王位が初勝利を挙げ、逆転での初防衛へ望みをつなぐか。注目の一戦だ。

 藤井棋聖が王位を奪取して二冠となれば、タイトル2期という昇段規定を満たし、現在の七段から八段に昇段する。18歳1カ月での二冠達成と八段昇段は、いずれも最年少記録となる。

 第4局を前に18日、両対局者は福岡市中央区のホテルで記者会見した。主なやりとりは次の通り。

木村王位「思い切りぶつかっていく」

――福岡対局にかける意気込みを。

 まあ、あの、3連敗してます(笑顔)。後がありませんので、思いっきり指したいな、というふうに思っております。

――(去年の王位戦は)連敗の後…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら