拡大する写真・図版A級戦犯の最期について語る花山信勝の肉声が残されたカセットテープ=2020年7月7日午後2時25分、愛知県碧南市、岩尾真宏撮影

[PR]

 太平洋戦争後、連合国が日本の戦争指導者を裁いた極東国際軍事裁判(東京裁判)で、東条英機元首相らA級戦犯の最期を見届けた人がいる。教誨(きょうかい)師、花山信勝(しんしょう)。晩年の講演テープをもとに、A級戦犯らの肉声を紹介する本をまとめた青木馨さん(66)=愛知県碧南市=は「東条らの声を通じて、戦後日本の原点を考えてほしい」と訴える。

 花山は浄土真宗宗林寺(金沢市)の住職で、東大教授として仏教研究に携わりながら、東京の巣鴨プリズンで仏教の教えを説く教誨師を務めた。開戦時の首相だった東条や、土肥原賢二・陸軍大将などA級戦犯7人の絞首刑は1948年12月23日に執行され、花山は日本人で唯一、その瞬間に立ち会った。

 青木さんの家も、約500年続く真宗大谷派の蓮成寺(れんじょうじ)。先代住職で父の順正(じゅんしょう)さん(故人)は花山と交流があり、裁判後に講演に招いたこともあった。寺には、約90分間にわたる花山の話を録音した古いカセットテープも残っていた。

 そこに、東条のこんな言葉が紹介されていた。

 「人間の欲望というものは本性…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら