[PR]

 登山の安全を守る山の天気予報。その第一人者が気象予報士、猪熊隆之さん(50)だ。自身も登山家。高所登山をめざしたが、山の人生は二転三転した。そのたびに救ってくれたのも、また山だった。

拡大する写真・図版仕事場で。「山に限らず天気予報は難しい。科学的にはわかっていないところを経験や技術で補っていくんです」と語るヤマテン代表・猪熊隆之さん=いずれも長野県茅野市、関口聡撮影

 2011年、国内初の山岳専門気象会社「ヤマテン」を長野県茅野市に立ち上げた。全国の18山域、59山の天気予報を配信するほか、海外の山の気象情報も手がけている。プロ登山家、竹内洋岳さん(49)の日本人初となる8千メートル峰全14座登頂の成功と安全を支えたのも、猪熊さんの気象情報だった。

細胞が一個一個死んでいくのがわかる感じ

 猪熊さんは中央大山岳部出身。就職後、母校のチベット遠征計画を知り、会社を辞めて参加。7千メートル峰の頂に立った。以後、高所登山を志し、登山専門旅行会社のガイドを務めながら国内外の山に登ってきた。しかし1999年の夏、アルプスのガイドから帰国後、自宅で倒れる。「細胞が一個一個死んでいくのがわかる感じで、死ぬってこういうことかと思うほど」。劇症肝炎だった。

 3カ月の入院で一命はとりとめ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら