[PR]

 同性婚を認めてほしい――。同性カップルらが国を相手取り、全国の5地裁で起こした訴え。北海道内の3組が原告になった札幌訴訟は、全国に先駆けて今年度内に判決が出る見通しだ。

異性カップルは困っているから結婚するの?

 「結婚は当たり前の日常が壊れかけた時に支えてくれる制度。結婚を選択することを認めて」

 8月5日、札幌地裁での証人尋問。札幌市の20代女性は時折声を詰まらせながら訴えた。

拡大する写真・図版原告の20代女性(左)は同性のパートナーとともに取材に応じた=札幌市

 原告となってから取材などで「結婚できないと何が困るの」と問われる。

 パートナーが病気で入院したら面会できるか、手術の同意書にサインできるか。そして、愛する人が死んだら、相続はできるか……。

 「結婚できないこと」で生じる様々な不安を答えてきた。

 一方、心の中では違和感を感じてきた。「何かに困っていないと結婚できないの?」「異性カップルは困っているから結婚するの?」

同性婚訴訟
 同性婚が認められないのは、婚姻の自由や法の下の平等を保障する憲法に反するとして、同性カップルが原告となり、国に損害賠償を求めて札幌、東京、名古屋、大阪、福岡の5地裁で争っている。原告の半数ほどが匿名での提訴を選んだ。国は「憲法は同性婚を想定していない」と主張している。

■貯金で分譲マンションを一…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら