【動画】アメリカ大統領選の構図を動画で解説します
[PR]

 11月の米大統領選に向けて、バイデン前副大統領が民主党候補に指名された。外交安保政策ではトランプ大統領の単独行動主義を批判し、就任すればオバマ前政権のような国際協調路線を取りそうだ。一方、経済政策では米国内の産業保護にも力を入れており、自由貿易重視の路線に復帰するとは限らない。

 「今の大統領が海外に行く時、親善外交ではなく、珍プレー集だ。同盟国と決別し、独裁者向けにラブレターを書く」

 18日の民主党大会で、オバマ政権で国務長官だったケリー氏はトランプ政権の外交を痛烈に批判した。

 「米国第一」を掲げるトランプ氏は、国際的な条約や機関から相次ぎ脱退を進めてきた。また、同盟国との関係を軽視し、駐留米軍の経費負担増などを求める一方、対イランの強硬策などでは単独行動が目立つ。ケリー氏は「トランプ政権の脈絡のない外交政策で唯一傑出しているのは、米国をかつてないほど孤立させたことだ」と懸念した。

 バイデン氏は、これと対照的な…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら