拡大する写真・図版石原裕次郎さんと「幻の共演」を果たした現在放映中のテレビCM=宝酒造提供

[PR]

 10日に肺炎のため78歳で亡くなった俳優の渡哲也さんは、長く酒造大手「宝酒造」(京都市)の「顔」だった。♪♪「よろこび~の清酒(さけ)、松、竹、梅」♪♪。おなじみのフレーズとともに、清酒「松竹梅」のPRで出演したCM本数は110本。昭和、平成、令和と時代が変わっても、ともに歩み続けた。

 松竹梅のCMに渡さんが起用されたのは、1988年のことだ。70年から担当していた石原裕次郎さんが87年に他界したため、石原プロを率いることになった渡さんの登場となった。

 宝酒造によると、従来の清酒のCMといえば、つややかな和服姿の女性が登場するのが定番。そうしたイメージを一新するため、存在感のある昭和を代表する大スターの裕次郎さんに白羽の矢が立ち、その弟分として渡さんに引き継がれた。

 その狙いはあたり、松竹梅は徐々にシェアを拡大していく。70年当時、同社は清酒のシェアで業界10位に甘んじていたが、裕次郎さんや渡さんのCM効果もあり、2018年にはトップに躍り出た。

■最後のCM、渡さん感謝のコメ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

【1/25まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら