[PR]

 「超新星爆発の前兆か」と話題になったオリオン座の1等星ベテルギウスが、再び急速に暗くなっている。いったん明るさを取り戻したものの、ここ数カ月で再び暗くなっており、これまでにない振る舞いを続けている。「巨大な黒点が現れたのではないか」「星が放出したガスのせいだ」など様々な仮説が出ているが、謎は深まるばかりだ。

 冬の大三角をつくるベテルギウスは、昨秋からみるみる暗くなり、今年2月には明るさが3分の1と過去50年で最も暗くなった。その後、明るさは元に戻ったものの、6月以降、再び暗くなっていることが米航空宇宙局(NASA)の太陽観測衛星「ステレオ」のデータから分かった。

 ベテルギウスを40年継続観測している米ビラノバ大のエドワード・ガイナン教授によると、ベテルギウスはもともと明るさが変化する変光星で、5・9年と14カ月の二つの周期があることが知られている。だが、今夏の減光はいずれの周期ともずれており、「通常より早く暗くなり驚いている」と話す。

■暗さの原因は黒点?…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら