[PR]

 IRをめぐる汚職事件に続き証人買収の疑いで再び逮捕された秋元司容疑者について、与野党からは議員辞職を求めるなど厳しい声が相次いだ。

 立憲民主党の安住淳国会対策委員長は20日、記者団に対し、「証人買収は刑事手続きに対するあってはならない挑戦だ。容疑が事実とすれば即刻、議員辞職に値する」と主張。自ら辞職しなければ、辞職勧告決議案を出す考えを示した。国民民主党の玉木雄一郎代表も「極めて悪質で即座に議員辞職すべき案件。自民党の責任も問われる」と語り、秋元氏が所属していた自民党の総裁として、安倍晋三首相が国会で説明責任を果たすよう求めた。

 自民党幹部も「とても『推定無罪だ』とかばいきれない」と突き放した。秋元氏が今も特別会員として所属する二階派ベテランは「本件より証人買収の方がまずい。離党したとは言え、自民党にとってもイメージは良くない」と述べ、政権運営への影響を懸念した。