藤井聡太二冠の恐ろしさと凄さ 渡辺名人、永瀬二冠語る

有料会員記事

構成・村瀬信也
[PR]

 藤井聡太二冠(18)は7月、棋聖戦五番勝負で渡辺明名人(36)=棋王、王将とあわせ三冠=を3勝1敗で破って、初タイトルを獲得して、二冠への足がかりとした。棋聖位を奪われた渡辺名人、棋聖戦の挑戦者を決めるトーナメントの決勝で敗れた永瀬拓矢二冠(27)=叡王・王座=が、その強さを語った。

渡辺名人「谷川九段みたいな、羽生九段のような」

 棋聖戦五番勝負を戦って、最も驚かされたのは第1局でした。終盤で双方の玉が「詰むか詰まないか」を読んで藤井二冠が踏み込んできたのですが、その読みがすごく速くて正確でした。タイトル戦でトップ棋士同士が対局していても、「エッ」と驚くような手を指されることはめったにありません。それを1局目で、いきなり指されました。

 ビックリしたのは1三角成と…

この記事は有料会員記事です。残り1522文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【無料会員限定】スタンダードコース(月額1,980円)が3カ月間月額100円!詳しくはこちら