[PR]

 韓国の情報機関、国家情報院は20日、国会の情報委員会(非公開)で、北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が、実妹の金与正(キムヨジョン)党第1副部長をはじめ、党や内閣、軍の幹部に権限の一部を委譲する「委任統治」を行っているようだとする見解を説明した。委員会に出た議員が記者団に説明した。

 説明を受けた議員によると、与正氏には韓国や米国への対応を含む国政全般で一部の権限委譲が行われている。委譲対象の案件では、与正氏が幹部らから中間報告を受けて正恩氏に伝え、正恩氏から直接指示を受けているという。

 ただ、国情院は正恩氏の健康に異常はみられず、与正氏が後継者に決まったわけではないと分析。正恩氏のストレスの軽減と、問題が起きた場合の責任回避を理由に挙げたという。

 一方、朝鮮中央通信は20日、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら