写真・図版

  • 写真・図版
  • 写真・図版
[PR]

 八百屋、酒屋、精肉店など昔ながらの店が並ぶ東京都中野区の商店街。

 この近くのマンションで2015年8月、住人の劇団員の女性(当時25)が殺されているのが見つかった。首を圧迫されるなどした窒息死だった。

 警視庁の捜査で、被害者の手の爪の間から微量の皮膚片が見つかった。襲われた被害者が抵抗した際、犯人の皮膚をかくなどして爪に残ったものとみられる。

 警視庁はこの皮膚片から抽出したDNAを鑑定し、DNA型を検出。このデータは警察庁の「遺留DNA型データベース」に登録されたとみられる。

 事件は発生から約7カ月後、急展開をみせた。

「究極の個人情報」とされるDNAやその型の鑑定結果を、警察はどのように扱い、どう運用しているのか。DNA捜査の実態を追う。

 周辺からいなくなった人物を捜…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

【5/11まで】デジタルコース(月額3,800円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら