エサ期待して? 埠頭で止まらぬ捨てネコ、虐待の通報も

有料会員記事

佐藤修史
[PR]

 宮崎港(宮崎市)で捨て猫が絶えない。病気や事故で死ぬ例も相次ぎ、宮崎市に拠点を置く市民団体「宮崎ねこの会」が「もう捨てないで」と呼びかけている。不定期に餌を与える人もいて、周辺にはゴミや糞(ふん)が散乱。同会は初めての一斉清掃に取り組んだ。

 宮崎港の東地区埠頭(ふとう)に広がる緑地帯(広さ15・8ヘクタール)。人が近づくと、林の中から野良猫たちがニャーニャーと鳴きながら姿を見せる。「餌をもらえると思ってるんです」と会代表の山本清美さん(52)。

 山本さんたちは昨年2月、緑地帯に暮らす猫たちを「地域猫」として登録し、これまでに201匹の不妊・去勢手術を済ませた。

 だが、手術をしていない猫が…

この記事は有料会員記事です。残り556文字有料会員になると続きをお読みいただけます。