[PR]

 東京都は22日、新型コロナウイルスの感染者を新たに256人確認したと発表した。20日の339人、21日の258人に続き、3日連続で200人を超えた。死者はいなかった。

 256人を年代別にみると、20代が100人、30代が64人で、合計数は全体の64%を占めた。40代は30人、50代は25人、60代は12人、80代は10人、70代は6人、10代は5人、10歳未満は4人だった。感染経路のわからない人は160人で全体の62%だった。

 感染経路が分かっている96人の感染経路別でみると、職場内が最多の36人を占めた。このうち28人は10~30代で、同じ都内の民間企業の従業員だった。この企業では、全従業員約100人がオフィスビルのワンフロアで働いており、今回の28人を含め計50人ほどの感染が確認されているという。

 都によると、感染者数はおおむね3日前の検査結果が反映される。19日の検査件数は速報値で4871件で、11日のピーク時と比べると2千件近く少ない。

 「人工呼吸器か体外式膜型人工肺(ECMO(エクモ))を使用」とする都の基準での重症者の数は前日より4人増えて37人となり、15人だった1日と比べ2倍以上となっている。