[PR]

 戦後初の国産民間旅客機として開発され、日本の産業史に残るYS11。その量産初号機が、茨城県内のテーマパークで来春、一般公開される。一級の文化財を民間の手を借りて後世に伝える新しい試みだ。

 茨城県筑西市の「ザ・ヒロサワ・シティ」。7月中旬、鉄骨が真新しい建屋の中で、分解されて運び込まれた機体の組み立て作業が公開された。

戦後復興を象徴する機体

 「戦後復興を象徴するYS11の中でも、初めて商品として完成した貴重なものです」

 担当者がパネルを手に説明する…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら