[PR]

 認知症のなかでも患者が多いアルツハイマー病の新しい治療薬への期待が高まっている。製薬会社が承認申請したものを米当局が「優先審査」していて、来年3月までに結論が出る。認められれば、アルツハイマー病の進行を長期間抑える世界初の薬として実用化される。だが、効果がはっきりしないとの指摘があり、治療費が高額になる懸念もあるなど課題は多い。

 治療薬の候補は、米製薬大手バイオジェンと日本のエーザイが共同開発する「アデュカヌマブ」。今年7月に米バイオジェンが米食品医薬品局(FDA)に承認を申請した。米当局は今月、通常より短期間で結論を出す優先審査の対象にすることを決めた。審査終了の目標日は来年3月7日となっている。会社側は今後、欧州や日本でも承認申請を検討している。

 アルツハイマー病は、脳内に「アミロイドβ」というたんぱく質がたまることで神経細胞が徐々に働きを失い、認知機能が低下するとみられている。認知症の患者は世界に5千万人、日本に600万人いて、その7割ほどがアルツハイマー型と推計されている。アデュカヌマブは、アミロイドβを除去できる初めての新薬として期待されている。

■「期待しすぎは…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら