拡大する写真・図版自民党の猪口邦子・女性活躍推進本部長(左から2人目)から提言書を受け取る安倍晋三首相=2020年6月2日午後2時49分、首相官邸、岩下毅撮影

[PR]

 安倍晋三首相の連続在任日数が24日、2799日となり、大叔父の佐藤栄作元首相を抜き、憲政史上最長となった。「女性活躍」を前面に掲げた安倍政権だが、女性の政権支持率は男性と比べて低い傾向がある。ジェンダー政治が専門の辻由希・東海大教授は「経済成長の手段として女性を利用している」と語り、働く女性から見た、安倍首相のイメージ像を推察します。それは、いったいどんな「上司」なのか?

 つじ・ゆき 1977年生まれ。東海大学教授。専門はジェンダーと政治。著書に「家族主義福祉レジームの再編とジェンダー政治」。

 安倍首相は2012年の2次政権の発足当初から、「女性の活躍」を最重要課題に掲げるとともに成長戦略の大きな柱に位置づけてきました。

 内閣では「女性活躍担当相」を任命。15年には企業や自治体に行動計画の策定を義務づける「女性活躍推進法」を成立させ、男女別の育児休業取得率から女性の管理職割合まで、働く女性の実態を示すデータの「見える化」も促しています。

女性活躍に向け、安倍首相が一定の指導力を発揮したとみる辻さん。その一方で、政策の効果には疑問点も多いと指摘します。

 最近は「女性が活躍できない会…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら