[PR]

 安倍晋三首相の連続在任日数が24日、2799日となり、大叔父の佐藤栄作元首相を抜き、憲政史上最長となった。集団的自衛権の一部行使の実現などに強い批判もあるなか、なぜ長期政権となったのか。安保法制懇のメンバーであった国際政治学者、細谷雄一・慶応大教授は「安倍政権の政策は、右派というよりも中道だから」と語ります。そのこころは?

 ほそや・ゆういち 1971年生まれ。専門は国際政治学。安倍首相の私的諮問機関「安保法制懇」のメンバー。著書に「国際秩序」など。

「実際の政策は総じて『中道』路線」

 ――史上最長となった政権をどうみますか。

 「プラグマティズムとイデオロギーを両立させたことが長期政権につながったと思います。国民の大多数が重視する経済成長を『アベノミクス』という形で約束し、かたや支持基盤である保守層向けにはイデオロギー色の強いメッセージを打ち出しました」

 ――強い「右」を感じさせつつ、バランスの良い政策を進めてきたと。

拡大する写真・図版記者の問いかけに答えエレベーターに向かう安倍晋三首相=2020年8月19日午後1時22分、首相官邸、恵原弘太郎撮影

 「アベノミクスは大胆な金融緩和と機動的な財政政策が柱ですが、そもそもこうした政策は国際的にみればリベラル政権がするもの。経済重視の路線は巨大な貿易相手・中国との関係を良好にすることを意味するため、保守層が反発して離れるかもしれなかった。今では当たり前のように語られる『両立』ですが、当初はリスクのある戦略だったのです」

 ――イデオロギーはあくまでイメージ戦略だということですか?

 「安倍さんの保守イデオロギー…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら