岐阜)水難事故が多発 長良川・美濃橋付近

有料記事

山野拓郎 松山紫乃
[PR]

 岐阜県長良川に、ここ13年間で18人が亡くなった水難の危険箇所がある。県などは「絶対に対岸に泳いで渡ろうとしないで」と訴えるが、今年も1人が亡くなった。

 8月上旬、岐阜県美濃市の長良川にかかる美濃橋付近の河川敷は川遊びの人たちでにぎわっていた。美濃加茂市の男性会社員(27)は「この付近で事故が多いというのはよく知っている。自分は飲酒後、入水しないことを徹底している。自然が好きなので、遊びにきた人たちにもルールを守り、危険を理解した上で遊んで欲しい」と話した。

 県によると、美濃橋付近の長良川では2008年~20年、県が把握しているだけで水難事故が36件発生。10~50代の18人が亡くなった。対岸に泳いで渡ろうとして途中で流されるケースが多いという。

 美濃橋付近の川幅は約60メ…

この記事は有料記事です。残り982文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
今すぐ登録(1カ月間無料)ログインする

※無料期間中に解約した場合、料金はかかりません

【期間中何度でも15%OFF】朝日新聞モールクーポンプレゼント