[PR]

 5月14日はごいし(碁石)の日、9月10日は牛たんの日……。法律で定められた国民の祝日とはひと味違う、地方自治体や企業、民間団体が思いついた記念日を認定・登録している一般社団法人「日本記念日協会」(長野県佐久市)が「記念日事典」のリニューアル版を出した。4年前に発行した同書より約700件多い年間2362件の記念日を収録。新型コロナウイルスなどの影響で生活への不安が高まる中、健康や医療、子育てや環境に関する記念日が増えたという。

 「記念日は時代の窓。そこから世相や社会情勢が見えてくる」と代表理事の加瀬清志さん(67)は話す。

 東京のラジオやテレビ局で働く放送作家だった。1990年に長野県に移住。「今日は何の日?」と番組でよく話題になったことから、記念日について本格的に調べようと91年に協会を設立し、ホームページなどで情報を発信してきた。

 09年4月に発行した第1版は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら