[PR]

 新型コロナウイルスに感染した子どもや学校への差別を防ごうと、萩生田光一文部科学相は25日、児童生徒や教職員、保護者らに向けたメッセージを発表した。児童生徒らには「誰もが感染する可能性がある」とした上で、「感染者を責めないで」と訴えている。

 文科省によると、全国の学校で集団感染が相次ぎ、感染者らへのいじめや学校への誹謗(ひぼう)中傷が起きていることから、多くの学校で2学期が始まるこの時期にメッセージを出した。

 児童や生徒、学生には「感染した人が悪いのではありません。早く治るよう励まし、治って戻ってきたときには温かく迎えて欲しい」と呼びかけた。教職員らには子どもを指導する際、感染者や家族を差別しないことに加え、「医療従事者や社会活動を支える人たちへの敬意や感謝も伝えて欲しい」と求めた。保護者らには「自分が差別を行わないだけでなく、身の回りに差別につながる発言や行動があったときは同調せず、『そんなことをやめよう』と声をあげて」と促している。

 文科省は、いじめなどの相談窓口として設置している「24時間子供SOSダイヤル」(0120・0・78310)で、新型コロナに関する相談も受け付けている。(伊藤和行)

新型コロナウイルス感染に関する子どもの悩み相談窓口

新型コロナウイルス感染に関する子どもの悩み相談窓口

●24時間子供SOSダイヤル 0120・0・78310

●子どもの人権110番 0120・007・110

●いのちの電話 0120・783・556●チャイルドライン 0120・99・7777

●新型コロナこころの健康相談電話 050・3628・5672

(文部科学省の発表から)