[PR]

 ブドウ16ヘクタール、ナシ7ヘクタールを栽培する山口県周南市須金地区の須金フルーツランドで、14の観光農園が25日までにすべて開園した。10月中旬まで、ブドウ狩りとナシ狩りを楽しめる。

 フルーツランドへは周南市の中心部から車で40分ほど。須金ぶどう梨生産組合の担当者で山本葡萄(ぶどう)梨園の山本誠治さん(41)によると、今年は梅雨が長く日照時間が短かった影響でブドウやナシは小ぶりだが、味が濃縮されて糖度は高いという。

 ブドウはもぎ取り計量販売(ピオーネが税別で1キロ1400円から。入園無料)。ナシは試食1個と1袋に4個持ち帰り(入園料税別1100円)か、もぎ取り計量販売(入園無料)。各園とも消毒など新型コロナウイルスの予防策を講じているという。

 光市の内田信雄さん(79)は…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら