拡大する写真・図版JR銭函駅の北側には海が広がる=北海道小樽市

[PR]

 札幌からほど近い、海水浴と漁業のまちの印象が強い小樽市の銭函。近年おしゃれなカフェや雑貨店などの開店が相次いでおり、新たなスポットとして注目を浴びている。「北の湘南」とも言われるその魅力とは。

 銭函は小樽市の東部のまち。JR函館線で札幌から約30分、小樽からは約20分と、両駅のほぼ中間にある。かつてはニシン漁で栄え、銭函駅のホームには当時をしのばせる千両箱が置かれている。「銭の箱」が地名の由来とも言われる。そんなまちにいま、飲食店や雑貨店の開店が相次いでいる。

人気パン店が札幌から

 今春、札幌市のパン好きの人たちの間に、ちょっとした衝撃が走った。中央区の円山地区で10年以上続いたパン屋「カトルフィーユ」が、銭函に移転したのだ。

 「カトルフィーユ」はシェフの…

この記事は有料会員記事です。残り2686文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り2686文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り2686文字有料会員になると続きをお読みいただけます。