[PR]

 昨年7月の参院選をめぐり、公職選挙法違反の罪に問われた前法相で衆院議員の河井克行被告(57)と妻で参院議員の案里被告(46)=いずれも自民を離党=の初公判が25日、東京地裁(高橋康明裁判長)で開かれた。

 検察側は冒頭陳述で、現金の配布先とした100人の名前を次々読み上げた。うち40人は受領時に首長や議員。このほか亀井静香・元金融相の元秘書や複数の元地元議員らも含まれていた。いずれも被買収の罪には問われず、克行議員側は冒頭陳述で検事との間で「裏取引」があり、意に沿う供述をさせたと主張した。

 市議の一人は取り調べ中に「私はどうなるんでしょうか」と問うと、検事は「おそらく起訴も不起訴もないんじゃないですかね」と答えたという。意味が理解できず、後日再び尋ねると、刑事告発されたなら起訴、不起訴を判断するが、そもそも告発が出ていないからと説明を受けた。「ホッとした面はあるが、受領は認めていたから、交換条件なんて示されようがない」と話した。ある広島県議は検事から「狙っているのは河井夫妻」と繰り返し言われたと明かした。「条件提示」はなかったとした上で、立件するつもりはないと感じた。この県議は「夫妻逮捕が最優先と理解したが、裏取引にはあたらないと思う」と話した。

 法廷で名前が明かされたことに…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。