抽象画のような島の頂 数万年の火山活動でできあがった

有料会員記事

文・玉置太郎、写真・長島一浩
[PR]

 油絵の具を塗り重ねた抽象画のように複雑な文様。何万年にもわたる自然の営みが生み出した「島の頂(いただき)」だ。

 境界のぼやけた海と空の間で、ジェット機から眺める利尻(りしり)島(北海道利尻町利尻富士町)は浮かんで見えた。北側の平野部がしっぽのよう。島は、天空を南へと向かうかのようだ。

 最北の日本百名山利尻山(1721メートル)を頂(いただき)とする利尻島は、1周約60キロ。数万年にわたる火山活動で形を変えてきたが、位置は変わっていない。

 移動してきたのは人間だ。

 江戸時代の末以降、豊かなニシンを求め、日本海側の各地から漁師が移り住んだ。利尻町立博物館の元学芸員、西谷(にしや)栄治さん(65)は、「出身地ごとに集落が生まれ、遠い故郷を思って文化を持ち込む人々もいた」と話す。

 西谷さんは1991年、島の神社の木箱から、精巧な作りの獅子頭を見つけた。調べると、鳥取からの移住者が明治の末ごろ持参した麒麟(きりん)獅子だとわかった。大正初期に途絶えた獅子舞復活のため、島民と会を設立。2004年から毎年6月、奉納の舞を続ける。

 島の人口は約4400人。ピークだった55年の約2万人からは減ったが、自然に魅せられ移住する人もいる。

 島でガイド業を営む西島徹さん(51)は福岡県出身。各地を旅するなかで04年に移住を決めた。3人のスタッフもみな道外出身。トレッキング高山植物の観察を手がける。「季節や時間ごとに風景が変わる。住むほどに魅力が増す島ですよ」

記事後半では、地元で人気のグルメスポット紹介や会員限定のプレゼントもあります。

 やって来るのは人だけではな…

この記事は有料会員記事です。残り768文字有料会員になると続きをお読みいただけます。