[PR]

 千葉県競馬組合は、船橋競馬場に所属する20~40代の男性騎手6人が新型コロナウイルスに感染していることが確認された、と26日発表した。19日に発熱を訴える騎手がいたことをきっかけに、所属騎手25人にPCR検査を実施していた。船橋競馬場は今月31日から9月4日のレースの中止を決めた。次のレースは9月28日から10月2日に予定している。

 船橋競馬場では、新型コロナの感染拡大を受けて、3月10日からのレースを無観客にしている。外出自粛の時期とも重なってインターネット投票の売り上げが増え、4~7月の収入は前年同期比11・1%増だった。

 開催中止になると、投票の売り上げがなくなる。県競馬組合は「影響は大きい。感染防止対策を徹底し、次のレース開催に備えたい」と話している。(上田雅文)