[PR]

 病院のない離島にドローンで薬を配達する。そんな仕組みづくりを目指す飛行実験が7月末、香川県三豊市詫間町須田港であった。

 小さな箱を取り付けたドローン(全長約1メートル)が、沖合約4キロの瀬戸内海の粟島に向けて飛び立った。数分後、島にドローンが無事着陸したことが無線で伝えられると、港では拍手が起こった。ドローンは再び海上を飛び、港に戻った。

 実験をしたのは、高松市のベンチャー企業「かもめや」。数年前から香川大瀬戸内圏研究センターの原量宏(かずひろ)特任教授(76)らと、離島の遠隔診療にドローンを使う研究を進めている。

 原特任教授らによると、県内の…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら