[PR]

 無所属で活動してきた中村喜四郎・元建設相=衆院茨城7区=が、立憲民主党や国民民主党などの議員が結成する新党に加わる意向を25日に示した。解散・総選挙の時期がささやかれるなか、近年、古巣の自民党と距離を置き、ときに政権批判を展開する中村氏の決断に、県内政界にはさまざまな受け止めが広がった。

 中村氏は27歳で初当選。党総務局長や建設相を務め、「将来の首相候補」とも呼ばれた。ゼネコン汚職事件で逮捕され、1994年に自民党を離党。2003年に実刑判決が確定して衆院議員を失職したが、05年の総選挙で無所属で当選し、国政に復帰した。以来、14回まで当選を重ねてきた。

 無所属となってからも「保守系」を標榜(ひょうぼう)していたが、近年は自民党と距離を取るようになった。岡田克也・元民進党代表などとの連携を強め、野党統一会派に所属する若手議員を対象に選挙の指南役も務めた。県内でも、3年前の衆院選で希望の党(当時)の青山大人氏(比例北関東)への応援演説でマイクを握っていた。

 初当選以降、無敗で当選を重ね…

この記事は有料会員記事です。残り682文字
ベーシックコース会員は会員記事が月50本まで読めます
続きを読む
現在までの記事閲覧数はお客様サポートで確認できます
この記事は有料会員記事です。残り682文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
この記事は有料会員記事です。残り682文字有料会員になると続きをお読みいただけます。