[PR]

 米フェイスブック(FB)は24日、タイ王室に批判的なグループが運営するページへのタイ国内からのアクセスを遮断した。FBは25日に出した声明で、遮断はタイ政府から「強いられた」ものだとし、国際人権法に反するなどとして法的措置に訴える方針を明らかにした。

 このページは、日本を拠点に活動するタイ人のパウィン京都大准教授らが4月に開設した「ロイヤリスト・マーケットプレース」。100万人以上が参加し、王室のあり方や軍事政権の流れをくむプラユット政権について、議論を交わす場になっていた。

 タイ政府は、アクセスを遮断しなければ、コンピューター犯罪法違反で訴追するとFBに警告。プラユット首相は25日、「タイの法律に基づいて取られた措置だ」と述べた。

 一方、王室を支持する団体が25日、バンコクの日本大使館を訪れ、日本政府がパウィン氏をタイに強制送還するよう申し入れた。

 不敬罪があるタイでは王室に関する議論はタブー視されてきたが、7月中旬から反政府集会が広がる中で、王室改革を求める声も上がり始めている。政権側は集会の中心メンバーを扇動容疑などで相次いで逮捕し、こうした動きに圧力をかけている。(バンコク=貝瀬秋彦)