[PR]

 トランプ米政権の通商政策を担う米通商代表部(USTR)のライトハイザー代表が朝日新聞の取材で、日米貿易交渉の経緯を踏まえ、日本側への配慮を強くにじませた。1980年代の日米鉄鋼摩擦や、ここ数年の米中協議を通じて「強硬派」として知られるが、米国の経済・軍事覇権をおびやかす中国をにらみ、日米連携を強く訴えた。

 「80年代、日本と交渉していたころ、日本の歴史を学び始め、とても好きになった。日米がとても親密な関係にあることがきわめて重要だ。日米両国は、本質的なものの見方が同じだ」

 ライトハイザー氏はインタビューで、日本との関係についてそう話した。83年、30代の若さでUSTR次席代表に就き、日米貿易交渉を主導したライトハイザー氏。日本側の煮え切らない態度に憤激し、交渉文書を紙飛行機にして投げ返したとの逸話も残る。

 だが、この日の取材では「日米がより緊密な経済的結びつきを持つことは、明らかに両国の利益」などとして、日米同盟の戦略的な重要性を重ねて強調。今年1月に発効した日米貿易協定についても、日本側の立場に慎重な配慮を見せた。

「茂木大臣はすばらしい」

 昨年9月に最終合意した日米貿…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら