写真・図版

[PR]

 コロナ禍で外出しづらい今年の夏。運動も面倒で、気づけばだらしないおなかに……。そんな悩みはありませんか。

 ベルトの上にはみ出すたるみ、これは一体、何なのか。

 「内臓脂肪を最速で落とす」の著書がある奥田昌子医師によると、このプヨプヨの正体こそが内臓脂肪だという。脂肪には二の腕やあごなど全身の浅いところにつく皮下脂肪と、腹筋より奥に内臓を覆うようにつく内臓脂肪がある。男性は30代、女性は閉経前後から内臓脂肪がつきやすくなる。

 この年齢で増えるのは、なぜか。

 奥田さんは、ホルモンの減少との関係を指摘する。男性ホルモンは脂肪の燃焼を助ける働きがあるが、30代で分泌が減り始める。一方、女性ホルモンには、内臓脂肪の分解を促し皮下脂肪に変える働きがある。そのため、女性は若い時は内臓脂肪がつきにくいが、閉経が近づき女性ホルモンが減ると、増えてしまう。

 脂肪にはエネルギーを蓄える、内臓を守る、などの役目もあるが、近年の研究で内臓脂肪が作る物質が生活習慣病やがん、認知症につながることが明かされつつある。

 では、おなか周りをすっきりさ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら