[PR]

 東京都千代田区の石川雅己区長が一般に販売されない区内の高級マンションを親族と共同購入した問題にからみ、百条委員会でうその証言をしたとして、区議会は26日、区長を地方自治法違反(虚偽の陳述など)の疑いで東京地検に刑事告発した。

 告発状などによると、石川区長は証人として出席した6月の百条委で「販売会社に知人を通じて購入経緯を確認した」と発言。区議が確認すると同社への問い合わせの事実はなかったといい、発言が偽証にあたるなどとしている。

 区議会は7月にあった臨時会で区長を刑事告発する方針を賛成多数で議決していた。石川区長は「(告発の)内容を見ていないのでコメントは差し控える」としている。(大山稜)