[PR]

 商船三井客船の大型クルーズ船「にっぽん丸」(2万2472トン)が2018年12月に米グアムの港で桟橋と衝突した事故で、国の運輸安全委員会は27日、50代の船長の操船ミスが原因だと考えられるとする調査報告書を公表した。船長は操船の3時間前まで飲酒していたが、アルコールの影響があったかは明らかにできなかったとした。

 報告書によると、乗客乗員624人を乗せたにっぽん丸は現地時間の12月30日午後9時すぎに港を離れた。船長はすぐに、ジョイスティックと呼ばれる装置を使って方向転換しようとしたが、実際は大きく後退していた。別の航海士が止めに入ったが、船長はそのまま後退を続けて船尾が桟橋にぶつかったという。

 安全委が当時のかじの角度などを調べたところ、船長はスティックを90度誤った方向に倒していた。また、普段の操船位置に水先案内人がいたため、違う立ち位置からスティックを動かしていたという。

 船長は操船の約3時間前まで、ハイボール(350ミリリットル)を1・5缶飲んでいたが、操船前や事故直後のアルコール検査をしていなかった。安全委はアルコールの影響も分析したが、分解速度には個人差があるため、影響があったかは明らかにできなかったとした。(贄川俊