第1回バッタ猛襲、収穫前のトマト無残 農家「学費削るしか」

有料会員記事

ヨハネスブルク=石原孝、バンコク=乗京真知、サンパウロ=岡田玄
【動画】ケニアとパキスタンのバッタの大群の様子
[PR]

 小麦やトウモロコシを食い荒らすサバクトビバッタの被害が今年、世界20カ国以上に広がっている。アフリカ東部や南アジアでは、すっぽり町を覆うほど巨大な群れが襲来し、新型コロナウイルスの感染爆発と相まって、食糧不安や貧困問題に拍車をかけている。

 乾いた薄茶色の大地が広がるケニア北西部ロキリアマ。点在する草むらに足を踏み入れると、地面が「カサカサカサ」とうごめいた。無数のサバクトビバッタだ。

 カメラを近づけると、大群が砂ぼこりを立てて舞い上がった。すぐ近くに、バッタの死骸で埋め尽くされた一帯があった。鼻にツーンとくる異臭が漂う。住民によると、殺虫剤をまいた「残り香」だ。

 7月下旬、「ケニアで過去70年で最悪」と言われるバッタの食害の現場に、朝日新聞助手が入った。

 ロキリアマのあるトゥルカナ…

この記事は有料会員記事です。残り2088文字有料会員になると続きをお読みいただけます。

【7/11〆切】スタンダードコース(月額1,980円)が今なら2カ月間無料!詳しくはこちら

連載共生のSDGs コロナの先の2030(全16回)

この連載の一覧を見る