内海桂子さんは出しゃばらない浅草芸人 浅香光代さん

 現役最高齢の漫才師で、漫才協会名誉会長の内海桂子=本名・安藤良子=さんが22日死去した。97歳だった。所属するマセキ芸能社がホームページで発表した。

 〈女剣劇で浅草で活躍した浅香光代さんの話〉

 家が近所だし、年齢も同じ90代。なので周囲からは仲良しとみられていたかもしれません。でも、ベタベタした付き合いではありませんでした。あっさりしているのが下町流なんです。一方、楽屋にせんべいや焼き芋を差し入れに来てくれたりと細かな気遣いを忘れない人でした。後輩たちへの面倒見もとてもよかった。

 浅草芸人というのはみんなに助けられて生きているという気持ちが強い。桂子師匠は特にそれが強かったんじゃないかな。でも、私が私が、と出しゃばったりすることは嫌いで、一歩も二歩もひくんです。その意味でも浅草らしい芸人でしたね。