[PR]

 経営再建中の液晶パネル大手ジャパンディスプレイ(JDI)は28日、主力工場の白山工場(石川県白山市)を電機大手のシャープに3億9千万ドル(約412億円)で売却することで最終契約したと発表した。売却で固定費を圧縮し、再建を加速させたい考えだ。

 主要顧客の米アップルや、シャープを傘下に置く台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業を交え、昨年から交渉してきた。3月には、白山工場の生産装置の一部を取引先に2億ドル(当時約215億円)で売る契約を結んだ。関係者によると、取引先は米アップルという。今回、さらに8500万ドル(約90億円)の生産設備の追加売却にも合意した。

 一方、白山工場を買い取るシャープは液晶パネル事業の分社化方針を打ち出している。工場買収で最大顧客アップル向けの液晶パネル供給量を増やし、交渉での発言権を強めるねらいがありそうだ。シャープの戴正呉会長は28日、「生産能力拡充や次世代ディスプレーへの展開といった面で、当社のパネル事業にとってプラスになると確信している」とのコメントを出した。

 白山工場は2016年、米アッ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら