「1期では終われない」 渡辺明名人が語る栄冠への思い

有料記事

村上耕司村瀬信也
[PR]

 将棋の渡辺明名人(36)=棋王・王将とあわせ三冠=は、第78期将棋名人戦七番勝負(朝日新聞社、毎日新聞社主催、大和証券グループ協賛)で、前名人の豊島将之竜王(30)を4勝2敗で破り、初の名人位を獲得した。2000年にプロデビューしてから名人への挑戦は今回が初めて。一時は「縁がない」と思いもしたタイトルを奪取したシリーズを、渡辺名人に振り返ってもらった。

 ――第1局の作戦は角換わりでした。

 後手番角換わりは想定される将棋の一つというか、本命でした。1日目の進行はおおむね予定通りで、2日目に千日手模様になりましたが、互角なら打開して、ちょっと時間責めぎみに行くというプランでした。終盤は激戦でしたけど、はっきり負けというところはなかった。出だしとしては一番いい形になりました。

――激戦の第2局を…

この記事は有料記事です。残り3176文字有料会員になると続きをお読みいただけます。
【10/18まで】有料記事読み放題のスタンダードコースが今なら2カ月間無料!