[PR]

 号泣だった。27日の日本ハム戦(メットライフドーム)で、西武が逆転サヨナラ勝ちを決めると、森友哉はベンチで突っ伏し、タオルを顔にあてていた。その姿を見て、春季キャンプ中のインタビューで発していた言葉を思い出した。

 「キャッチャーってしんどいですよ。もし生まれ変わったら、やりたくない」

 打たれたら責任を負い、抑えたら投手の功績。確かに恵まれないポジションだ。27日の森は、先発を新人の柘植世那に譲り、2点リードの七回から登場。だが八回に逆転されていた。普段から森と仲がいい山川穂高は、涙の理由を推し量る。「キャッチャーとして、選手会長として、今年はいろんなものを背負っている。一番苦しいのは、あいつ」

■打席では、思考リ…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら