写真・図版

  • 写真・図版
[PR]

 安倍晋三首相が辞任の理由として挙げたのは、持病の潰瘍(かいよう)性大腸炎の悪化だ。どのような病気なのか。

 潰瘍性大腸炎は、大腸に炎症が起こることで大腸の粘膜が傷つき、ただれたり、はがれたりする原因不明の病気だ。下痢や血便、腹痛といった症状がでる。原因は分かっておらず、厚生労働省から難病に指定されている。かつては欧米で患者が多く、日本ではまれな病気だった。しかし近年、患者数が急増しており、厚労省の研究班によると、現在は国内に約22万人の患者がいるとみられている。

 現在のところ完治させる治療法はないが、薬物療法などで日常生活を送れるようになる「寛解」状態まで回復することが可能だ。ただ再燃することもあり、患者は寛解と再燃を繰り返すことになる。炎症性腸疾患に詳しい久留米大病院炎症性腸疾患センターの桑木光太郎医師は「ストレスは再燃につながりやすい。また、寛解時にも投薬治療を続ける必要があり、一生つきあっていくことになる病気だ」と話す。

 軽症から中等症の症状が出てい…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら