[PR]

 安倍晋三首相が記者会見で辞任を表明した。政府が新型コロナウイルスへの対応を迫られるなかで、第1次政権と同じ健康問題での幕引きとなったことに、首相は無念さをにじませた。一方、自民党では、党役員会や派閥会合が相次いで開かれるなど「ポスト安倍」レースが加速している。

 朝の時点でも、幹部らの間でも「首相は今後も職務を続けるだろう」と楽観論が強かった首相官邸で異変が起きたのは、28日午前にあった閣議の後だった。

 首相は閣議の後、麻生太郎副総理兼財務相と官邸で2人だけで会談。関係者によると、首相はこの時初めて、麻生氏に辞任する意向を伝えたという。麻生氏は前日夜に麻生派幹部らと会食し、「(首相は)元気になっているから、やめることはないだろう」との観測を伝えたばかりだった。麻生氏は強く慰留したが、首相は考えを変えなかったという。

 その後、「辞任」の情報は一気に自民党本部などを駆け巡り、官邸や党幹部らが慌ただしく動き出した。

 首相はこの日夕の記者会見で、…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。

2種類有料会員記事会員記事の会員記事が月300本まで読めるお得なシンプルコースはこちら