[PR]

 安倍晋三首相が28日、自身の健康問題を理由に辞任する意向を明らかにした。任期1年を残しての突然の表明に、県内の各党幹部らから驚きの声や次を見据えた発言が相次いだ。県民の受け止めも様々だ。

     ◇

 自民党埼玉県連の柴山昌彦会長は「地方創生を含めた経済の発展、外交力の強化など類いまれな成果を残し、歴代最長の連続在任日数を記録した功績は極めて大きい。ただ最近は新型コロナウイルスへの対応などで心労がたまっているのが見て取れ、心を痛めていた。総理の思いをしっかり引き継ぐリーダーにバトンを渡していただきたい」とのコメントを発表。県連の小谷野五雄幹事長は取材に「経済を立て直し雇用を創出し大きな成果を残した」と評価した上で「このタイミングでの辞任は、医師とも相談した上での最善の判断だったのではないか」と話した。

 公明党県本部の西田実仁代表も「突然の辞意であり大変に驚いている。体調の悪化から国政に支障をきたしてはならないとの辞任の理由を伺うと、致し方ないと受け止めた。連立与党として次期総理をしっかりと支えて政治を前に進めていきたい」との談話を出した。

 野党側は、立憲民主党県連の熊…

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

この記事は有料会員記事有料会員記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連ニュース